塾講師アルバイトで授業をする様子です

アルバイト塾講師が増えているらしい!

近年様々なアルバイトがありますが、最近は塾講師のアルバイトをする方が増えているそうです。
何故数ある仕事の中から塾講師のアルバイトを選ぶのでしょうか?
いくつか具体的な例を挙げてみましょう。

まず挙げられることとしては塾で働くことは他の仕事と異なり、以下のようなメリットが多いということです。
・給与が1コマ1800円で時給に換算すると1200円と高め。
・基本的に夜に行うため、学業の空き時間で働くことができる。
・集団授業・個別授業問わず、社会で必要になる伝える力やプレゼン力、企画の提案などが身につけられる。

ただし、メリットばかりでなく注意点として以下のことが挙げられます。
・授業を行うのである程度の学力は必要になる。
・授業の予習・復習や資料作成を行うため、時間外労働が多くその分の給与が支払われないことがある。
・三者面談や保護者会などアルバイトにしては責任の重い仕事をさせられることがある。

という点があります。
しかしこの注意点も考え方によっては1つの社会勉強と捉えることも出来ます。

上記であげたように多くのメリットがある反面、大変なこともあります。
ですがそれをやりがいと感じて塾講師として働く方が増えているのでしょう。

アルバイトと正社員の仕事内容の違い

私は大学を卒業してから一般企業に就職するのは嫌だったので、今ではアルバイトから塾講師の正社員を目指すという生活をしています。
私はフルタイムで働いているわけではなく、いくつかの塾を掛け持つアルバイトという形で働いています。
仕事内容はやはり正社員とは違います。

塾講師の正社員の仕事内容には、生徒に物を教えるだけではなく、保護者さんとの話し合いや新規入塾希望者に対しての説明や、説明会を行う際の塾の売り込みなどを担当すること等もあります。
ですので、講師をやりながら会社の雑務や営業もこなすことになります。
このため講師としてのスキルのみならず、一般的な社会人としての最低限の知識も習得している必要があるのです。
塾講師の正社員はそれなりに責任のある仕事で、その責任に対して高い報酬が支払われているのだと常日頃から感じています。

アルバイトの仕事内容は実にシンプルです。
毎日授業を教えて授業が完了したら先輩の講師にそれを報告して出来事やその日に気になったことなどを伝えます。
残務などはなく営業活動や広報活動などをしなくても良いので気楽といえば気楽です。
しかしこの身分に甘んじることなく私は塾講師の正社員を目指して行きたいです。
参考サイト